チーズ

世界最高峰の技術と3000年以上の歴史を持つ南イタリアのチーズマスターたちが、 世界屈指の自然環境とクオリティを持つ北海道のミルクに出会い、北海道に移住して最高のチーズを作ろうとしている。そんな小さな一歩から挑戦は始まりました。

The cheese masters trained in the thousands-year-old dairy tradition of south Italy met high quality Hokkaido milk, and moved to Hokkaido to produce the best Italian cheese. From this small step started the challenge of Fattoria Bio Hokkaido.

ファットリアビオ

チーズ

ブドウ栽培

ブドウ

樽

イタリアのチーズの歴史を継承し
北海道で製造しています。

2013年にイタリア・ファットリアビオから、チーズマスターのジョバンニ・グラッツィアーノが北海道の札幌市に移住し、株式会社ファットリアビオ北海道が設立されました。北海道の新鮮な生乳を100%使い、イタリアのチーズ製造の技術によって、これまでにない日本のチーズ作りが開始されました。チーズは生乳と食塩のみで、保存料を一切使わないナチュラルチョイスの方針によって製造されています。

In 2013 Giovanni Graziano, one of the cheese masters of Fattoria Bio, moved to Sapporo, and we established Fattoria Bio Hokkaido. Using only the best Hokkaido fresh milk and the centuries-long Italian know how, we started producing a cheese which quality had yet to be seen in Japan. Our cheese is made only of milk and salt, without the use of any preservative, following our “natural choice” policy.

シーラ高原

私たちのルーツFattoria Bio≪ファットリア・ビオ≫は、国立公園で有名なシーラ高原の一角、昔から牧畜・畜産が盛んな農業地帯であるラガロにあります。
創業者のトンマーゾ・グリッロ氏はシーラ高原で牧畜を営む人々の中心的な存在でした。
その愛してやまない大切な仕事は、グリッロ家の皆さん4代に渡り受け継がれ、今日に至ります。
現在、サベリオとマリオのグリッロ兄弟が、ファットリア・ビオを経営し、昔と変わらない情熱を持って農業に取り組んでいます。近年はアグリトゥリズモや地域の学校向けの 見学なども受け入れていますが、ファットリア・ビオのハートは農業にあります。
山のラガロと海岸沿いのロッサーノに拠点を置き、それぞれで昔と変わらない方式の完全オーガニック農園と牧畜を営んでいます。

Our roots, Fattoria Bio, are located in Lagaro, a corner of the famous Sila upland plateau in the Sila Natianl Park, an agricultural area that has long been known for herding and stockbreeding.
The founder, Tommaso Grillo, was the centerpiece among the people exercising stockbreeding in the Sila plateau.
His important and always cherished work was passed down to four generations in the Grillo family and is being continued today.
Today, Saverio and Mario Grillo brothers run Fattoria Bio and are engaged in farming with a passion that has never changed. In recent years they have also started an Agriturismo and tours for local schools, but Fattoria Bio`s heart stays in agriculture.
Their bases are situated in Lagaro on the mountains and in Rossano on the coast, where farming and stockbreeding are conducted in a completely organic way, the same as in the past.

シーラ高原

シーラ高原

冬の厳しいシーラ高原ではジャガイモや野菜、小麦と牧草を作り、穏やかな気候のロッサーノではオリーブや柑橘類を栽培しています。 1月と6月には昔のように「トランスマンツァ」(transumanza)という家畜動物の季節移動を行います。動物は牧者と一緒に55kmほどの道のりを、寒い時期には海岸の方に下り、暑い時期に涼しい山の方へ徒歩で移動します。最近ではなくなってきているこの習慣は、自然と共に歩むことをモットーにしているグリッロ家が今も大切に行っていることです。 ファットリア・ビオの美味しさの秘密はひとつ...自然の恵みです。豊かな大地を大切にして、季節と自然のペースに合わせて無理のないように栽培することが一番大切なことです。こうして美味しい野菜が生まれ、美味しい牧草で健康的な動物が育ちます。 このような自然との共存を、訪れる学校の子供たちやファミリーの方々に見学していただいたり、また周辺の農場とネットワークを作り、彼らのライフスタイルを広く発信していくことにしました。我々ファットリアビオにとって、伝統を大切にするのは一番大事なことです。 4世代にわたって変わらずやってきた結果、イタリアだけではなく、海外でも仕事できるようになりました。 最近は日本でチーズ工房を開き、その製造を監修しています。カチョカヴァッロをはじめ、様々なチーズを作っています。そして、これからサラミを作るという新しい企画も始まっています。品質の高い商品が求められている日本での活動は我々グリッロ家にとってとても大事です。 日本のみなさんは思慮深く、私たちのことをしっかりと理解してから一緒に仕事を始めました。 その結果、お客さんが商品のクオリティに満足していてとても喜んでいます。これはどこの市場で成功への道です。 クオリティと伝統。私の職人魂は、自分のDNAに刻み込まれているのです。私の情熱そのものです。

During the Sila`s harsh winter they produce pasture using potatoes, vegetables and wheat, while in Rossano where the climate is milder, they cultivate olives and citrus plants. As in the past, in January and June they carry out the seasonal movement of livestock animals called “transumanza”. The animals travel with the pastor about 55km, scending down to the beach in the cold season and returning to the fresh mountains in the hot season. This habit, that has recently been lost, is still carried out by the Grillo Family whose motto is “let`s walk together with nature”.
The secret of Fattoria Bio`s flavor is only one: the blessing of nature.
The most important thing is to cherish the rich lands we have and perform cultivation according to the seasons and the pace of nature, without forcing it.
This is how delicious vegetable are produced and healthy animals grow on good pasture.
We decided to offer tours to let visiting families and young students observe such coexistence with nature and also create a network with near farms to widely spread their lifestyles.
For us of Fattorio Bio, the most important thing is to cherish our traditions. As result of our work, that has never changed in four generations, we are now able to work not only in Italy but abroad as well. A cheese factory recently opened in Japan and we supervise its production. Many kinds of cheese are produced there, including Caciocavallo. We are also starting a new project to produce salami in the future. For us, Grillo Family, activities in Japan where high quality products are demanded, are very important. Japanese people are very wise and started working with us only after fully understanding about us. As result our customers are very satisfied and pleased with our products quality. This is the road to success in any market: quality and tradition. Our spirit of craftsmanship is engraved in our DNA, it is our passion.

チーズ

産地:北海道
製造技術:イタリア カラブリア州に伝わる伝統的なチーズの製造方法

Territory of origin:Hokkaido
Production method:Italia, Calabria traditional cheese production method.

Elio

おいしいイタリア料理を食べたいと思う方をみんなカラブリアにお連れしたいと思っている。天才料理人で あるおばあさんのDNAをしっかり受継ぎファンタジーとインスピレーションで素材を組み合わせるセンスは 天下一品。今年の南イタリアの旅でもホンモノのイタリアを探してきました。

He wishes to bring to Calabria all the people who want to eat good Italian cuisine. He inherited the DNA from his grandmother who was an outstanding chef and has an excellent sense for combining ingredients through fantasy and inspiration. During his journey in South Italy he searched for real Italian product this year too.

Giovanni Graziano

チーズマスター
Giovanni Graziano (ITA)

学校に通う小さな頃から家族に代々伝わるチーズ作りの秘伝を父親から教わる。20歳でカラブリアのシーラ山脈の美しい農場FattoriaBioで働き始めると、農場オーナーのマリオ・グリッロとサベリオ・グリッロの二人はすぐに彼の才能に気づき、チーズ製造の中心的なメンバーの一人に彼を置いた。また、イタリアの様々な研修やセミナーに参加し、乳製品製造についての知識を広げ、36歳の時に最高のイタリアンチーズとその製法を、イタリアの文化とともに日本に伝え広めていくというプロジェクトに賛同し、2014年に北海道に移住、ファットリアビオ北海道のチーズマスターに就任し、現在に至る。

Cheese Master
Giovanni Graziano (ITA)
When he was still at school age the was taught by his father the secrets of cheese making that had been pass down to his family. When at the age of 20 he started working at the beautiful Fattoria Bio farm, in the Sila mountains in Calabria, the owners Mario and Saverio Grillo noticed at once his talent, making him one of the core members of cheese making. He also attended many seminars and special trainings in Italy, widening his knowledge about dairy products. At the age of 36 he agrees to take part into the project to spread the best Italian cheese and its production method, together with Italian culture in Japan. He moves to Hokkaido in 2014 and becomes the cheese master of Fattoria Bio Hokkaido.

AWARDS

Mondial du Fromage 世界最優秀フロマージュコンクール SILVER CACIOCAVALLO
Mondial du Fromage 世界最優秀フロマージュコンクール BRONZE QUARTIROLO
ALL JAPAN CHEESE AWARD 2014 GOLD CACIOCAVALLO & RICOTTA
ALL JAPAN CHEESE AWARD 2014 GOLD RICOTTA

北海道

チーズ

チーズ

北海道の新鮮な生乳とイタリアの伝統技術の融合から生まれるチーズ

私たちの挑戦は2008年にはじまりました。5年にわたる調査と計画を経て、大変大きな震災も経験しました。イタリアからチーズ製造に関わるスペシャリスト達を日本に招き、日本各地でチーズ製造のテストを行い、結果、我々は北海道を選択しました。北海道の牧場での最初のテストでは、南イタリア・カラブリア州でチーズの製造をを200年以上実践するファットリアビオのチーズマスターを牧場に招き、本格的な実験をし、北海道の生乳のクオリティと作られるチーズにお墨付きをもらい、ファットリアビオ北海道設立に向けた準備が始まりました。イタリアの技術力と北海道の素材から生み出されるチーズのクオリティは、イタリアのマスターたちも驚きを隠せず、出来上がったチーズは他では例を見ないオリジナリティに溢れる商品となりました。

Cheese born from the fusion of Hokkaido`s fresh raw milk and Italian traditional technique represents our challenge began in 2008. We spent five years doing research and planning, while we experienced a huge earthquake too. We invited specialists of cheese making from Italy to Japan and made production tests in various area of Japan and finally we selected Hokkaido.
For the first test at Fattoria Bio Hokkaido, we invited Fattoria Bio`s Cheese master, that uses the authentic production method passed down for more than 200 years in the south Italian region of Calabria. After a proper experiment we received official approval on the quality of Hokkaido`s milk and the cheese produced so we started the preparation for Fattoria Bio Hokkaido establishment.
The quality of the cheese produced combining Italian technique and raw ingredients from Hokkaido, greatly surprised Italian masters as well. Our cheese is a product full of originality you cannot find anywhere else.

イタリア職人がつくるリコッタ
Ricotta 250g

250g / 1個1,296yen(税込)|発送日目安:3~4日後

250g / 1個1,296yen

発送日目安:3~4日後

リコッタは南イタリア原産のフレッシュチーズで、チーズをつくる時に出るホエー(乳清)を再加熱して作られます。脂肪分が少なく、ミルクの柔らかな口当たりとさっぱりした食感が特徴で、豊かな風味とほんのりとした甘さが楽しめます。チーズケーキや南イタリアの伝統的なお菓子、カンノーリなどにも使われます。レモンなどの柑橘系を添えてオレンジの花のはちみつをかけるだけで、癒やしのデザートになります。

Ricotta is a Fresh Cheese born in Southern Italy, produced by recooking the whey obtained by other cheese production. Low in fat, it presents a soft, milky and refreshing flavor and a light sweetness. It is also used for cheesecake and Southern Italy traditional sweets like cannoli. You just need to add some citrus fruit like lemon and orange flower honey and you will obtain a soothing dessert.

250g / 1個1,296yen
内容量 250g
賞味期限 7日間(フレッシュタイプ)
種類別 乳又は乳製品を主原料とする食品
原材料名 乳清、生乳(北海道産100%)、食塩
保存方法 要冷蔵(10°C以下)
食品製造者 Fattoria Bio Hokkaido 白石工場
使用上の注意 開封後は密封、冷蔵の上出来るだけ早めに使用してください。

Elio

おいしいイタリア料理を食べたいと思う方をみんなカラブリアにお連れしたいと思っている。天才料理人で あるおばあさんのDNAをしっかり受継ぎファンタジーとインスピレーションで素材を組み合わせるセンスは 天下一品。今年の南イタリアの旅でもホンモノのイタリアを探してきました。

He wishes to bring to Calabria all the people who want to eat good Italian cuisine. He inherited the DNA from his grandmother who was an outstanding chef and has an excellent sense for combining ingredients through fantasy and inspiration. During his journey in South Italy he searched for real Italian product this year too.