産地:カラブリア州

ティレニア海とイオニア海の2つの海に挟まれ、美しい海岸線と山の両方に恵まれた カラブリア州は、エリオロカンダのオーナーエリオオルサーラ氏の故郷でもあります。 過ごしやすい気候を求めイタリア国内でも人気のあるバカンス地域としても知られて おり、その穏やかな気候は作物や畜産にも最適なため、カラブリア産にはトマト、 オリーブ、ワイン、チーズ、豚の加工食品などの特産品があり、紀元前2千年頃から の技術や伝統が現在まで受け継がれています。

Territory of origin:Calabria Region
Located between the Tirrenian and Ionia Seas and gifted by both a beautiful coast line and mountains in the upcountry, Calabria is also the hometown of Elio Locanda Italiana owner, Elio Orsara. On the coast the climate is the typical Mediterranean one, while in the upcountry, due to the many hills and mountains, the climate is mitigated and pleasant. For these reasons this region represents a famous holiday destination for many nationals too. Due to its mild climate, the Calabria region is ideal for both farming and cropping and that is why we can find here many specialty products. The cultivation of olives in the Crotone area has a long history and dates to 2000 B.C. Except olives, other famous products born in Calabria are tomatoes, wine, cheese and pork cold meats, whose tradition and production technical skills have been passed down through generation until now.

Antica Salumeria

トマト

トマト

トマト

トマトはイタリア料理には
絶対に欠かせない食材です。

イタリアにトマトが伝わったのは16世紀ごろ、ラテンアメリカから運ばれたと言われています。その後イタリアではトマトは家庭料理に欠かせない食材として、また風邪薬や塗り薬にも使われるなど、なくてはならない存在としてその価値を広げてきました。その後、南部のナポリにおいて、トマトとパスタ(とバジル)の組み合わせ料理が発明され、それと同時にトマト料理はイタリア全土に普及しました。今では世界第5位の生産量を誇り、イタリア料理といえばトマトとまで言われるようになりました。それほど現代のイタリア食文化においてトマトはなくてはならないものと認知され、世界中にその加工品やレシピが伝播していくまでに成長を遂げています。

Tomato: the essential ingredient for the Italian cuisine
Tomato first arrived in Italy during the 16th century from Latin America. Hereafter their value increased so much they became essential and were used not only as ingredient for home cooking but also as medicine ointments or against colds. Later, in the southern city of Naples, they discovered the combination of tomato, pasta and basil and at the same time tomato-based dishes spread widely throughout Italy. Now it boasts the fifth largest production in the world, becoming the symbol of Italian cuisine. It is now so widely known that tomato is an essential element in the modern Italian food culture that tomato processed products and recipes have been spreading throughout the world.

トマト

産地:イタリア、カラブリア州・シーラ近郊

Production area:Italia, Calabria Region, in the Sila area

Elio

おいしいイタリア料理を食べたいと思う方をみんなカラブリアにお連れしたいと思っている。天才料理人であるおばあさんのDNAをしっかり受継ぎ、ファンタジーとインスピレーションで素材を組み合わせるセンスは天下一品。今年の南イタリアの旅でもホンモノのイタリアを探してきました。

He wishes to bring to Calabria all the people who want to eat good Italian cuisine.
He inherited the DNA from his grandmother who was an outstanding chef and has an excellent sense for combining ingredients through fantasy and inspiration.
During his journey in South Italy he searched for real Italian product this year too.

トマト
商品画像

サンドライ・トマトペースト
Sundried tomato paste 280g

280g / 1個1,075yen(税込)|発送日目安:即日

280g / 1個1,075yen

発送日目安:即日

強い太陽の日差しで自然に乾燥させた真っ赤の完熟トマトを贅沢に使用して作られたペーストです。
トマトの旨みにアンチョビ、バジルとニンニクを加え濃厚な一品に仕上げました!カナペにのせたり、料理にアクセントを加えたい方へもお勧めします。ミネストローネのスープに混ぜたり、魚のオーブン焼きに添えたりしたら驚くほどおいしいですよ。

It`s a paste made using plenty of bright red ripe tomatoes naturally dried under the strong sunlight. Anchovies, basil and garlic are added to the natural good taste of tomato to create a unique rich flavored product! You can spread it on canapes or add it to your dishes to give them an accent. You will be surprised by how good it tastes inside minestrone or garnishing backed fish.

280g / 1個1,075yen
商品画像
商品画像
産 地 イタリア・カラブリア州シーラ山
製造者 ムラカ社
内容量 280g
原材料名 乾燥トマト、ひまわり油、アンチョビ、バジル、にんにく、クエン酸
賞味期限

2021年5月31日

保存方法 直射日光を避けて、冷暗所に保存してください。開封後、冷蔵庫で保存し、お早目に召し上がり下さい。

カラブリア州

生産者:ムラカ社 (カラブリア州)

静かな山あい、樹齢何百年という栗の木が生い茂る高原にムラカ社はあります。南イタリア、カラブリア州のチカーラという小さな町で、現在のオーナー兄弟の父、フェルディナンドムラカが始めた小さな栗の加工場でその歴史は始まりました。フェルディナンドは、チカーラの特産品である栗をたくさんの人に安心して 食べてもらいたいと、栗のジャムや、コンポートを作り始めました。収穫季節が限られる栗も、加工して瓶詰めにすれば、遠いところへ運ぶこともできます。彼の心のこもったジャムやコンポートはこうして地元っ子はもとより、イタリア全土で愛されるようになりました。「たくさんの人に南イタリアのおいしいものを 安心して食べてもらいたい。」というフェルディナンドの想いは、彼の息子達が引継ぎ、欧米の人たちからも愛されるようになりました。
現在のムラカ社は3000スクエアの広大な敷地の中、衛生管理の行き届いた最新の設備で、栗はもちろん、南イタリアの太陽の恵みを受けて育った野菜や果物を加工し、遠い日本の皆様にもお届けすることができるようになりました。会社は前よりも大きくなりましたが、ムラカ社ではフェルディナンドの想いが今日も大切にされてい ます。そして今では、三代目であるティツィアーナが、日本の担当としてがんばっています。Vera Italiaは、何度も工場を訪れムラカ社の誠実な仕事ぶりに、「安心して召し上がっていただく」ということを実感したのです。自然に囲まれ、先代の志を大切にするムラカ社だからできる、南イタリアの味をお確かめください。

Producer:Muraca(Calabria)
Muraca Company is located on a quiet mountain, on a plateau where several hundred years old chestnut trees are growing. Its history started with Ferdinando Muraca, todays` owners Father, that opened a small chestnut processing factory in the small town of Cicala, in Calabria region, South Italy. Ferdinando wanted to deliver to as many people as possible the special local product, so he started producing chestnut jams and compote. Chestnuts are harvested only in autumn but by processing and bottling them you can safely deliver them even to distant places. Ferdinando`s jam and compote, filled with his feelings, became popular among locals as well as all over Italy. His will of wanting many people to safely eat southern Italy delicious food was taken over by his sons and their products are now loved also by people in Europe and America.
Muraca, now a company owning a 3000 square meters premises, is equipped with the latest facilities and operates under a strict sanitary control system, processing vegetables, fruits and, of course, chestnuts grown under southern Italy sunlight and finally delivering them to everyone in the far east country of Japan too. The company as grown bigger but Ferdinando`s will is still highly respected today too and now his granddaughter Tiziana is working hard to spread their products in the Japanese market.
Vera Italia visited Muraca`s production factory many times witnessing their faithful work and realizing the safety of their products. We suggest you try the southern Italian taste delivered by Muraca, a company surrounded by nature and respecting of his founder`s will.

トマト収穫
トマトペースト
FSPCA

トマト生産者

トマトペースト